Skip to content

店舗の内装デザインを一新するときのポイント

店舗を新たに内装デザインするなら、いくつかのポイントを踏まえて検討するのがおすすめです。
無難で在り来たりだと他店との差を作りにくいので、やはり無難から脱却の必要があるでしょう。
勿論、奇抜な内装デザインは考えものですが、しかし印象に残りにくいものも避けたいところです。
大切なのは店舗の立地や客層を考え、お客さんに受け入れられる内装デザインを追求することにあります。
まずはナチュラルやモダンにクラシックなど、方向性を決定づけることが先決です。

ナチュラルは素材を活かした内装デザインなので、自然派のお店にマッチします。
あまり装飾が過ぎると良さが半減してしまいますから、余計なものを省く方向で内装を決めるのが良いでしょう。
一方、モダンな内装デザインは洗練されたイメージで、店舗の印象が引き締まって魅力が増します。
メリハリを持たせつつ落ち着きも加えるのがおすすめで、美容室のようなおしゃれなお店に最適です。
クラシック調もセンスが問われますが、こちらは時に重厚感や懐かしさを思わせます。
対象となる客層はやや高めの年齢層で、若い人達よりも大人に喜ばれる傾向です。
クラシックよりもカジュアル寄りにしたい場合は、カントリーをテーマに内装デザインをするのもありです。
要素的には少しナチュラルも入りますが、モダンさはそれほど重視されないです。
取り扱う商品やサービスの方向性と合致するのであれば、北欧スタイルやインダストリアルも狙い目となります。
北欧スタイルはかなり採用できる店舗の方向性が限られますが、インダストリアルは比較的検討してみる余地が大きめです。
落ち着きと洗練さがモダンに通じるところもありますが、金属素材を多用したり、全体を暗めにデザインする点が異なります。
このように、店舗の内装デザインといっても方向性は多種多様で、誰にでもおすすめできる完成度の高いものはないといえます。
ただ、いずれのテーマも異なる方向を向いていますから、店舗に合うものが必ず見つかるはずです。”

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です