二の腕のぶつぶつ、毛孔性苔癬とは?治し方は?

HOME » 毛孔性苔癬 » 二の腕のぶつぶつ、毛孔性苔癬とは?治し方は?

二の腕のぶつぶつ、毛孔性苔癬とは?治し方は?

・二の腕のブツブツについて
二の腕にブツブツができたという症状でお悩みの方もおられるでしょう。
特に痛みやかゆみもなく、健康には支障がないなら、それは毛孔性苔癬と呼ばれるものかもしれません。
症状に関する基礎知識のほか、治し方についてもご紹介します。

・毛孔性苔癬とは
10〜30代の方に多いもので、主な症状はまさに二の腕などにできるブツブツです。
かゆみや痛みなど、何か健康を害する症状が一緒に出ることは稀で、基本的にはブツブツができるだけなのです。
実は治療も無理に必要ありません。
一般の皮膚科を受診しても経過観察となり、あまり治療が行われないこともあります。
ただ、若い方に多い症状なだけに、見た目を気にして治療を希望される方も多いです。
特に夏は薄着となり、二の腕が他人から見えることも多いですから、視線が気になるというお悩みにつながりがちです。

・毛孔性苔癬の原因
この症状の原因は何かというと、毛穴のつまりです。
ターンオーバーの乱れにより、古い角質が溜まることで毛穴をふさいでおり、それによって皮膚が盛り上がっており、目に見えるブツブツや触ったときのザラザラになっています。
仕組みも見た目もニキビと近いように思うかもしれませんが、皮脂がつまっているニキビとは違い、こちらは角質によるつまりとなるため、そちらとは治し方も変わります。
なぜこのような症状が起こるのか、実はよくわかっていない部分があり、遺伝も関係しているのではといわれています。

・治し方について
特に治療をしなくても自然に治ることもありますが、できるだけ早く治したいときは病院を受診しましょう。
どのような治し方となるかは受診した病院の方針や治療メニューによります。
外用薬を使う方法もありますが、特殊な治療器具や機器を使っての治療になることもあります。
いずれにしてもしばらくの通院が必要になり、その医師の治療法を続けることが必要です。
1回の治療や受診で治ることは少ないですから、早期治療を希望する方は基本的に通院を前提として病院で相談してください。