背中や二の腕にできるブツブツの正体は?

HOME » 毛孔性苔癬 » 背中や二の腕にできるブツブツの正体は?

背中や二の腕にできるブツブツの正体は?

・背中や二の腕にできるブツブツについて
ある日、背中や二の腕にブツブツがあることに気づくこともあるでしょう。
これは一体何なのかというと、可能性の1つが毛孔性苔癬です。
もちろんほかにも可能性がありますから、いくつか考えられるものをご紹介しましょう。

・湿疹
何らかの原因でお肌が炎症を起こすなどしており、ブツブツができます。
原因として多いのはアトピーで、強いかゆみがあるのが特徴です。
もしその二の腕や背中のブツブツに強いかゆみなどあるなら湿疹の可能性があります。
かくと一旦はかゆみが治まりますが、しばらくするとますます強いかゆみが出るなど症状が悪化しがちです。
なるべくかかずに適切な治療を早く受けるのがおすすめです。

・ニキビ
顔にできるイメージが強いかもしれませんが、背中にできることもあります。
ターンオーバーが乱れて毛穴がつまり、雑菌が繁殖して炎症を起こすことでブツブツのような腫れができます。
強く触ると潰れて膿が出て、さらに炎症がひどくなったり、きれいに治らなかったりすることがあり、自分で潰すのはおすすめできません。
自然に治ることが多いものの、病院で治療もされており、適切な治療を受けると早くきれいに治ることが多いです。

・毛孔性苔癬
ご紹介したようなかゆみや、膿が溜まっていそうな腫れなどもなく、ブツブツ以外には特に異常がないときは、それは毛孔性苔癬かもしれません。
治療が必要な症状ではありませんが、悩んでいる方はよくおられます。
早く治したい方は病院で相談するのがおすすめです。

・背中や二の腕にできるブツブツの正体を正確に知りたいときは
いくつか可能性をご紹介しましたが、最終的にそのブツブツの正体をなるべく正確に知る方法は、病院で医師に見せることだけです。
特に毛孔性苔癬と違ってかゆみや腫れなどブツブツができたこと以外にも気になる症状があるときは、早めに病院を受診するといいでしょう。
本当にブツブツだけの症状でも受診は可能です。
気軽に相談してください。